シノビガミ「出口なし」シリーズ、マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」等のシナリオ配布まとめと、GMさんへの質問集、リプレイ、あとはセッションばかばなしのTRPG系Blogです。

本館 Kaleidoscope Syndrome
召使いの話(ALS真帝国ガイドブック発売記念1)
なんて顔をしているんだ。真帝国の少尉様が。
ほら、もうすぐお前の部下たちが来る。足音が聞こえるだろう。
立ち上がれ。背筋を伸ばせ。小憎たらしい面構えに戻れ。
わたしはきっと帰ってくる。次のわたしが帰ってくる。
前のわたしも、今のわたしも、次のわたしも変わりはしない。
私は所詮、エイリアスだ。

ああ。お前は今まで本当に、気づかずにいてくれたのか。
そうだ。私が死ぬのは初めてじゃない。
暴走したズィーガーに追いつめられたあの時も、
例の施設でリアクターが爆破されたあの時も、
砂漠でテロリストどもとやりあったあの時も、
私は本当は死んでいた。
そしてそのたび帰ってきた。次の私が帰ってきた。
デウス・エクス・マキナの御わざは素晴らしきかな、
複製はいくらでもできる。
私のシリーズは記憶もほぼ、だ。

「ほぼ」は「ほぼ」さ。穴埋めの手段はアナログだ。
前任者たちが残した文書や映像の記録を渡されて、
抜けている部分があれば一夜で覚えろと言われてな。
薄暗い部屋で全て読むんだ。
お前の生まれた頃のことから軍人としての仕事まで、
「私」がお前の家に遣わされた時期以降の話は特に念入りに。
お前はライ麦パンが嫌いで、雑音の無い部屋が好きで、
いらいらするとセフィロトのスペースキーをかつかつ叩く。
紅茶の砂糖はスプーン半分、そんなことをみんなみんな。
まるで恋をした娘のように、お前のことを覚えたんだ。

だから大丈夫。私は死なない。死ぬのじゃあ無い。
そういう感覚の生きものなんだ。まったく辛いことじゃない。
お前のそばに今までいたのは、すべて連続したひとつの私だ。

ああ、けれど、けれど、
お前をこんなに驚かせて、そんな顔を見ることができるのは
わたしが最初で最後なんだな。
なぜか胸のすく気分だよ。
くだらない話だ。これではまるで本当に……


……ほら。扉の外までやって来た。
立て。私の身体はこのままでいい。
服を汚させてしまったな。明日来る私に洗うように言え。
その明日までに、無事に家まで帰るんだぞ。
はは。怒るな。いや、それでいい。小憎たらしいいつもの面だ。
立て。三度目だ。次は言わない。たぶん言えない。
行ってくれ。頼む。さよならだ。


――ああ、……おやすみ。……また、明日。



12:05 TRPGその他 comments(0) trackbacks(0)
「アントン・シラックという商人の話」(後)
(前編: 「アントン・シラックという商人の話」(前) )


 * * * * *


 私は言った。
 あんたはそんなことできないよ。
 人に頭も下げられないし、草取り鎌も持ったことない。だいいち年で、足も腰も悪くて、寒いと痛風で歩けないじゃないか。

 何イ。

 できないし、しなくていい。それで体壊してぼろぼろになってくあんた、見たくない。

 そんなこと言ったって、おれたちゃ一文無しなんだぞ。売れるものだって何にもねえ。

 私がいる。

 ……。

 私はあんたの売りものだ。いつもあんたが言ってるじゃないか。私は売れ残りだって。

 生意気言ってんじゃねえ、売れ残り。てめえみてえな痩せっぽち、リンゴ一山にもなるもんか。

 残念だけど、相場は分かる。あんたのおかげで私は、読み書きもできる、計算もできる。コショウ一箱と船賃くらいの金にはなれる。

 ……。だめだ。

 だめじゃない。

 うるせえ。

 ほかに手があるか。

 うるせえ、うるせえ、うるせえ! てめえに何が分かる、このちび、あほうの役立たず!

 アントンは激昂して立ち上がり、私を床に殴り倒した。
 めちゃくちゃに蹴られて殴られて、その後の事はよく覚えていない。
 ばかやろう、ばかやろう。ちくしょう、このちび。ばかやろう。
 アントンは、ずっとそんなことを喚いていた。泣きながら。


 * * * * *


 宿を追い出されるまでの数日。アントンは、ひとことも私と口を聞かなかった。

 私の顔の腫れもひいた、最後の日。小さい荷物を抱えて宿を出ると、向かった先は港のそばの、人買いのくる闇市だった。
 私は品定めされ、せりにかけられ、買い手が決まった。

 買手の男はアントンにいくつか簡単な確認をして、書類を交わした。
 この子の名前は。男が聞いた。
 ……カトン。ぶっきらぼうにアントンは答えた。

 カトン・シラックだ。

 私は顔を上げた。
 アントンはもう背中を向けて歩き出していた。禿で猫背の後ろ姿が倉庫の角に消えるまで、一度も振り返らなかった。




(終)
22:26 TRPG以外 comments(0) trackbacks(0)
「アントン・シラックという商人の話」(前)
 私の名前がカトンというのは、主人が私を買ったとき、安い綿布ほんのいくらかとの引き換えで済んだから、ということらしい。苗字はない。ただのカトン。安く買ったはいいが、ちっとも売れねえ。主人はぼやいて、仕方なく私を自分の身の回りの世話に使っていた。
 cottonで、カトン。この訛りは主人のものだ。諸国を巡る商人で、出身はどこの国かも誰も知らない。
 名前をアントン・シラックといった。名前だけなら坊ちゃんぽいが、実際の彼は禿で猫背のとんだごうつく爺いだった。

 金ならあるが、品性は無い。私にも商売仲間にも、すぐに手が出る足も出る。頑固で癇癪もち、酒癖は悪い。
 が、私に、てめえは奴隷だ売れ残りだと言いながらも、よく教育をしてくれた。
 店番くらいできやがれ! と計算と秤や定規の使い方を教え、帳簿の写しくらいやれ! と読み書きを教えてくれ、うろちょろすると邪魔ッけえからこれでも読んでろ! と本を貸してくれた。
 南のほうで流行り病にやられたとき、いつまで仕事をサボる気だ! って薬を叩きつけてきた時は、とうとう思わず吹き出して、布団の中で一晩泣いた。


 * * * * *


 あるときアントンは、商売敵の策略で仲間たちに裏切られ、味方の一人もいない遠い国で財の一切を失った。
 先に払ってあったあと数日分の日数が過ぎたら、宿も追い出されて、寝る場所さえ失うという夜。
 アントンは、古くてどうしても売れ残った酒を自棄で呷っては地団太を踏んでいた。ああ、畜生。あいつら、あいつら。みんな持っていきやがった。畜生、こんな所で。相場の動きは分かってんだ。コショウ一箱と船賃の分の元手さえありゃ、何とでも返り咲いてやれるのに。




 夜更けにようやく静かになって、寝かせようとテーブルに近づいた時。べろんべろんに酔っ払った赤い顔でアントンは私に、初めて聞くような気弱な声でこう言った。
 なあ、ちび。今までのこた一切忘れて、小鳥みてえに生きようか。
 名前もなんも捨てて、どっかの街の隅ッこで、ゴミ拾いでもしてよ。右や左の旦那さまアって、頭下げてよ。
 どっかのでけえ農場で、下働きに入る手もあるか。お日様の下で蟻んこみてえに仲間と並んで草ア取ってよ。
 飯さえありつけりゃ、気楽なもんじゃねえか。なあ、ちび。そうやって生きていこう。




(続: http://card.zero-the.fool.jp/?eid=1380508
23:37 TRPG以外 comments(0) trackbacks(0)
カードランカー初挑戦
先日、超次元カードバトルRPG カードランカー初セッションさせて頂きました。

TCG現役プレイヤーの焼き餅くんがGMをしてくれまして、
PLはありろくん、唯祈、従兄のMPKお兄さんでした。

TCGアニメを全く見たことがないPL3人、あのノリが行けるか微妙に不安なままスタート。
テンション上げつつデータを作成しキャラクター自己紹介へ。


M:(爽やかな少年声で)「オレ 切札 勝! 12歳!」

唯:……うおお(悶)

あ:……うおお(悶)

唯:こ、ここで悶えてちゃダメだよ! きょうカードランカーだよ!?

あ:そ、そうだな。そうだな

焼:新番組のCMとか次回予告みたいですごくいいですよ!

M:よっしゃー!

唯:いけー!

M:いくぜー!「次回! カードランカー!」

あ:今回は!?

唯:今回は!?




こんな面子でもセッション入ったらノリノリで行けましたので心配無用みたいです。
19:50 セッション記録 comments(0) trackbacks(0)
【シノビガミ】「楽園」リプレイ/クライマックス〜エンディング掲載
本館にて、
シノビガミリプレイ「楽園」

◆クライマックス1 「命にもまさりて惜しくある物は」
◆エンディング 「あしたの雲よ形見ともなれ」
掲載しました。

こちらのページです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビガミ「楽園」リプレイ

目次ページ直リンクはこちら
________________


■「楽園」Role&Roll Vol.70及び「忍秘伝」掲載の公式シナリオです。
 当リプレイはその大幅なネタバレを含みます。
 PL予定の方はくれぐれも閲覧をお避け下さいますようお願い申し上げます。


================

戦闘〜エンディングです。
ここまでお読みいただき、本当にありがとうございました。

ここからこちらをご覧いただきました方、これでまとめて読めますのでどうぞよろしくお願いします!

シーンタイトルはすべて(元の歌全体を見ると)一律のテーマの和歌の引用で統一していました。
特にこのクライマックスの歌は、このシナリオのボスに。
エンディングの一首は、このシナリオと、
近い結末を選ばれたたくさんの楽園の物語に捧げたいです。


河嶋先生、改めて、素晴らしいシナリオをありがとうございました。
23:30 更新・配布等 comments(1) trackbacks(0)
【シノビガミ】「楽園」リプレイ/クライマックス:シーン0掲載
本館にて、
シノビガミリプレイ「楽園」

◆クライマックス0 「寝覚めの床に見えずとも」
掲載しました。

こちらのページです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビガミ「楽園」リプレイ

目次ページ直リンクはこちら
________________


■「楽園」Role&Roll Vol.70及び「忍秘伝」掲載の公式シナリオです。
 当リプレイはその大幅なネタバレを含みます。
 PL予定の方はくれぐれも閲覧をお避け下さいますようお願い申し上げます。


================

戦闘直前。PC1の悲痛な言葉。
09:14 更新・配布等 comments(0) trackbacks(0)
【シノビガミ】「楽園」リプレイ/サイクル4:シーン5掲載
本館にて、
シノビガミリプレイ「楽園」

メインフェイズ第4サイクル
◆シーン4-5 「しひて我が寝る春の夜の」
掲載しました。

こちらのページです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビガミ「楽園」リプレイ

目次ページ直リンクはこちら
________________


■「楽園」Role&Roll Vol.70及び「忍秘伝」掲載の公式シナリオです。
 当リプレイはその大幅なネタバレを含みます。
 PL予定の方はくれぐれも閲覧をお避け下さいますようお願い申し上げます。


================

ミドルフェイズラスト。クライマックスへ!


河嶋先生は、きっとこの使い方も予測していらした
……と、気づいた瞬間ぞくぞくーっとしました
23:12 更新・配布等 comments(0) trackbacks(0)
【シノビガミ】「楽園」リプレイ/サイクル4:シーン3〜4掲載
本館にて、
シノビガミリプレイ「楽園」

メインフェイズ第4サイクル
◆シーン4-3 「暁がたの別れなりけり」
◆シーン4-4 「思ひのままに夜も来む」
掲載しました。

こちらのページです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビガミ「楽園」リプレイ

目次ページ直リンクはこちら
________________


■「楽園」Role&Roll Vol.70及び「忍秘伝」掲載の公式シナリオです。
 当リプレイはその大幅なネタバレを含みます。
 PL予定の方はくれぐれも閲覧をお避け下さいますようお願い申し上げます。


================

クライマックス前に各自PC1をつつきに行っています。
ミドル終盤のあるあるですね。

シーン2、3とトスを上げ、今回4でPC4ユヤがミストレスパワー全開でアタック。

次回がメインフェイズ最終、クライマックスにつながるシーンになります。
04:42 更新・配布等 comments(0) trackbacks(0)
【シノビガミ】「楽園」リプレイ/サイクル4:シーン0〜2掲載
シノビガミリプレイ「楽園」

メインフェイズ第4サイクル
◆シーン4-0 「足も休めず通へども」
◆シーン4-1 「我や行きけむ思ほえず」
◆シーン4-3 「見えもやすると敷妙の」
掲載しました。

こちらのページです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビガミ「楽園」リプレイ

目次ページ直リンクはこちら
________________


■「楽園」Role&Roll Vol.70及び「忍秘伝」掲載の公式シナリオです。
 当リプレイはその大幅なネタバレを含みます。
 PL予定の方はくれぐれも閲覧をお避け下さいますようお願い申し上げます。


================

最終サイクル。
それぞれの道は、もう既に。
23:04 更新・配布等 comments(0) trackbacks(0)
【シノビガミ】「楽園」リプレイ/サイクル3:シーン5〜7掲載
本館にて、
シノビガミリプレイ「楽園」

メインフェイズ第3サイクル
◆シーン3-5 「春の山辺に寝たる夜は」
◆シーン3-6 「おどろかでぬる我は人かは」
◆シーン3-7 「境はるかになりやする」
掲載しました。

こちらのページです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
シノビガミ「楽園」リプレイ

目次ページ直リンクはこちら
________________


■「楽園」Role&Roll Vol.70及び「忍秘伝」掲載の公式シナリオです。
 当リプレイはその大幅なネタバレを含みます。
 PL予定の方はくれぐれも閲覧をお避け下さいますようお願い申し上げます。


================

シーン7、変動。
00:54 更新・配布等 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORY
NEW ENTRY
LINKS
COMMENT
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (05/27)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    かじゃ (11/25)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (06/05)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    がみじ (06/01)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/15)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/12)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    風和 (06/08)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (06/07)
TRACKBACK
ARCHIVE
PROFILE
MOBILE
qrcode