シノビガミ「出口なし」シリーズ、マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」等のシナリオ配布まとめと、GMさんへの質問集、リプレイ、あとはセッションばかばなしのTRPG系Blogです。

本館 Kaleidoscope Syndrome
【ビーストバインドトリニティ】「人の夜のために」
もういっちょ11月のせっしょんれぽです。

=======================
【ビーストバインドトリニティ】
 「人の夜のために」(GM:ありろくん)

▼参加PC
 PC1: 藤見 双雪/アルトスノウ(ヴァンパイア(血族))
 PC2: 葦名 朔耶/葦夜稚日子(セレスチャル(神格)/スピリット(妖精))
 PC3: メルヒオル・アウレオールス/錬金術師メルヒオル(ハーミット(マジシャン)/スピリット(幽霊))
=======================

 若い時分に友人だった2人の男が再会した。
 20年ぶりのことだった。
 背が低いが体格の良い男の髪には白髪が混じっていた。だが、男にはかわいい娘ができていた。
 背の高い色の白い男は独り者だった。だが、男はまるで昔のままの若々しい顔と姿をしていた。

 背の低い男は、警備会社の社長だった。
 妻を娶り娘をもうけ、地道に人を守り続けた。
 ある時、警備の仕事中にその建物を異形が襲った。
 当時アンノウンマンだった男には、訳もわからず為す術もなかった。
 仲間と、弁当を持ってきてくれていた妻が殺された。
 守ることを旨としてきたはずの男は、
 どんな努力を重ねても敵わない相手が、守れないものがあることを知ってしまった。
 彼は願った。人間が、人間の手で、あらゆる魔から人間を守れる存在になることを。

 背の高い男は、ペルソナネットワークの一員だった。
 自ら願ったことではなかった。吸血鬼に噛まれてそうなった、憐れな「もと」人間だった。
 だが、ネットワークの一員として20年の時を過ごす間に、
 男はいつしかエゴに飲み込まれ、完全な魔物に成り果てていた。
 彼は願った。人間に戻りたい、あの繋がりの中に帰りたいと。
 もし完全な人間に戻ることが叶わないならば、せめてできるだけ近づきたい。
 自分がひとつでもふたつでも心に絆を取り戻して人間に近づき、
 そして、人間が魔の側に近づいてくれたなら……?

 そんな2人の男が再会した。
 折しもその時、背の高い男の手の中には、
 ネットワークの任務で回収し、持ち帰る途中の、1枚の“羽根”があった――


▼NPCもそれぞれの強いエゴ、願いでもって動いていることが強く実感できるシナリオでした。
 悪ではない。分からなくはない。だから切ない、やるせない。
 加えて、トリニティの世界での「人と魔の境界が狭まった」感を活かした物語でした。
 それをさらに狭めて、ゼロに近づけようとする奴らがいたらどうなるべ、という……。

▼状況も面白かったです。
 魔物の跳梁跋扈するビーストバインド世界の池袋の夜が、
 本来あるべき(?)「人の夜」に侵略されてゆくという皮肉な「異変」。
 この世界の池袋の夜は、そのもの“池袋の夜”という名前のドミニオンなので、
 異変の裏で起こっていたのは侵略戦争です。
 “羽根”の力でドミネーターとなり、“人の夜”というドミニオンを作った男が、
 ルール的にはドミニオンアーツ《資産:封印》で
 “池袋の夜”のドミネーター(メフィストフェレス)を無力化してしまった状態。

▼PCの導入は、

 PC1:吸血鬼の男の知人。“羽根”を持ち逃げした男の追跡、処分を命じられる。
 PC2:警備会社の社長の娘の知人。
    娘は白い“羽根”を体内に宿しており、絆を取り戻したい吸血鬼の男に狙われる。
 PC3:警備会社の社長に、魔に対抗する力を得るための相談役として迎え入れられる。
    部下のロボットたちを人質に取られ、拒否できない状況に。

 ……という感じでした。

▼トリニティでの新ネタ“羽根”については、
 ルールブック購入当時、正直に言うと、ちょっと、うーん、と思っていた面がありました。
 安易な汎用ネタになりすぎないかこれ、というか……
 また羽根? 取り返せばいいの? はいはい、ってならないかなあ、と……。

 けれど、単に「願いをかなえる」ではなく
 持つ者の「絆やエゴを最大限に引き出す」ものなので、
 ワンパターンにはなりようがないのですね。
 持つ側のエゴが面白ければ、“羽根”が起こす事態もどんどん面白くなる。
 遊べば遊ぶほど、シナリオを作れば作るほど実感できる、
 「ビーストバインドならではの物語を起爆する仕掛け」になっています。

 遥めのようなシナリオ傾向のGMにとっては、
 弱者をメインNPCに据えることができやすくなっているのも助かります。
 シナリオの幅がどかっと広がります!
00:56 セッション記録 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://card.zero-the.fool.jp/trackback/1380461
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORY
NEW ENTRY
LINKS
COMMENT
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥唯祈 (12/04)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    麻伽 (11/08)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (05/27)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    かじゃ (11/25)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (06/05)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    がみじ (06/01)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/15)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/12)
TRACKBACK
ARCHIVE
PROFILE
MOBILE
qrcode