シノビガミ「出口なし」シリーズ、マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」等のシナリオ配布まとめと、GMさんへの質問集、リプレイ、あとはセッションばかばなしのTRPG系Blogです。

本館 Kaleidoscope Syndrome
【ビーストバインドトリニティ】「決戦! 魔王城!!」
せっしょんれぽです。
11月、ありろくんのBBTR。


=======================
【ビーストバインドトリニティ】
 「決戦! 魔王城!!」(GM:ありろくん)

▼参加PC
 PC1: メルヒオル・アウレオールス/錬金術師メルヒオル(ハーミット(マジシャン)/スピリット(幽霊))
 PC2: 早馬 芸介/GAMER707(フルメタル(自動人形)/レジェンド(都市伝説))
 PC3: 霧原 夕希/ANALYZER:T-03(フルメタル(自動人形)/エトランゼ(寄生体))
=======================

 池袋の住宅街の一角に、近所の人々から「幽霊屋敷」と呼ばれる大きな洋館がある。
 いつも静かなその屋敷には、老齢の大学教授が数人の使用人を使って暮らしている。
 だが、その教授が数百年前の錬金術師で、
 更なる知識を求めるあまりに現世に残った本物の幽霊であることを誰が知るだろう。

 彼に仕える3人の使用人もまた半魔。
 老錬金術師の友人だったロボット工学者の遺品となったフルメタルである。

 その一体、人間の遊び相手として作られたロボット「ゲーマー」が、
 近所の子どもから、池袋に新しくできたテーマパークで得点を競おうと誘われる。
 勇者一行となってダンジョンを抜け、魔王と戦う体験型の室内型テーマパーク、
 その名も「魔王城」。
 繰り返し訪れて高得点を出した参加者は特別コースに案内されるという。
 だが、半ばネット上に生きる分析ロボットの「アナライザー」が、
 白熱する「魔王城」ブームの影に危険な悪意……ドミネーターの力を察知する。

 2体に相談を受けた老錬金術師メルヒオルは、「魔王城」のテレビCMを見て驚く。
 そこに映っていたテーマパークの「魔王」は、
 生前の彼が作り出したホムンクルスに瓜二つだったのだ。
 生み出してすぐに研究所の火事で行方不明となり、名前も与えてやれなかった我が娘。

 一方で、高得点を出した参加者たちにドミネーターの力が及び始める異変が起きた。
 その一人となってしまった子どもの護衛を作業ロボット「ワーカー」に任せ、
 メルヒオル、ゲーマー、アナライザーは「魔王城」に乗り込む。
 そこでは、とある堕天使の歪んだ野望の犠牲となって
 「魔王として無限に殺され続ける」ホムンクルスの娘の姿があった。
 老錬金術師はかつて与えられなかった「名前」を携え、彼女の解放に挑む。



▼最近また急激にシナリオ作成&マスタリングの腕を上げているありろ君による、
 ドミニオンの打破とヒロイン救出の鍵に
 ゲーム的なシステムとPCの持つ因縁をがっちり絡めた美しいシナリオでした。
 ドミニオンを使うと、色んなカラーの世界を作れて&歩き回れて飽きないですね。ホラーからファンタジーまで、心象風景から神話再現まで。
 既存の施設をドミニオンであることにするのも楽しいです。テーマパークはいい例ですよね。ディ○ニーランドなんか世界律も色々決まっています し……

▼ビーストバインドでは変り種かもしれない、共同生活している=パーティ前提のPC陣である老錬金術師+フルメタル3体の物語。
 前回セッション「パンデミック」(GM:焼き餅くん)でフルメタル3体が絆を深めたので、
 今度は御主人メインでいってみよう、という動機でシナリオを作ったそうです。
 (プレイヤーは「メルヒオル=焼き餅くん」「ゲーマー=ぺー吉くん」「アナライザー=唯祈」「ワーカー=ありろくん」)
 カジュアル環境ならではですが、ありですよね。
 立場上浮いてしまいやすいPCがいるなら、セッションでそれどころじゃない状況に追い込めばよい!!

 今回の場合、錬金術師が「老人キャラ」「保護者的立ち位置」「他の3人が兄弟機」という浮きやすい三重苦だったわけなのですが、いやうまく追い込んでくれました。
 彼のエゴ(「知識が欲しい」でした)をガンガン突き、ヒロインを彼にとっては娘同然、家庭用ロボットとして作られたフルメタルたちにとっては「主人の家族=ユーザー」であり「時を越えた被造物の仲間」……に設定することで、一体化したモチベーションを煽り。
 いつも穏やかに見守る立場にいる主人が自分のエゴを剥き出しにしたことで、ロボットたちの使命感も燃え上がり……クライマックスに至った時にはすっごいやる気と殺る気で、ボスの堕天使さんごめん。

▼そしてぺーきちくんがまた面白いことを。
 ゲーム中、絆がエゴに変わる時、書き換えるエゴの内容はかなり自由なのですが、
 それを利用して、「書き換えるエゴの内容で掛け合いをする」という芸当を。
 PC同士の掛け合い、それによるお互いの変化はTRPGの醍醐味のひとつではありますが、
 それが形(文字)となって目に見えるBBTRのシステムをそう利用するとは……!
 ビーストバインド トリニティ、まだまだ面白くなりそうです。わくわく。
01:01 セッション記録 comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://card.zero-the.fool.jp/trackback/1380460
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
CATEGORY
NEW ENTRY
LINKS
COMMENT
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    麻伽 (11/08)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (05/27)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    かじゃ (11/25)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (06/05)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    がみじ (06/01)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/15)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/12)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    風和 (06/08)
TRACKBACK
ARCHIVE
PROFILE
MOBILE
qrcode