シノビガミ「出口なし」シリーズ、マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」等のシナリオ配布まとめと、GMさんへの質問集、リプレイ、あとはセッションばかばなしのTRPG系Blogです。

本館 Kaleidoscope Syndrome
【迷宮デイズ】初プレイレポート
 先週末は従兄のMPKお兄さんのマスタリングで冒険企画局さんの「迷宮デイズ」を初プレイさせて頂いて参りましたでした。
 発売2008年なので、またもレビューとしては遅すぎる の ですがっ すみませんっ
 楽しかったので書いてしまいますです、
 何かのご参考になりましたら幸いです。


【 概要 】

 「迷宮キングダム」でお馴染みの「迷宮災厄」が、なんと現代の地球で発生! 全世界一気にとは行きませんでしたが、あっちの学校こっちのビル、ご近所のどこかが突然迷宮に。普通の人間では三半規管を狂わされて脱出かなわぬその迷宮を踏破し、タイムリミットが来る前に迷宮の核を処理することでその場所を元に戻す(作中世界では「迷宮を解決する」と言い慣わされる)、それがPCたち「迷宮屋」!


【 ジャンルとしては 】

 ▼ いわゆる現代モノ。

 PC=迷宮屋は「なんかの理由で三半規管の強い人」であればいいので、年齢の限定はなし=学園モノではない、です。
 学生さんから歴戦の傭兵、一般人まで、いろんな人が、バイトであるいは本業として「迷宮屋」のお仕事をし、報酬を受け取るのが大体のセッションの流れです。


【 迷宮キングダムと比べた時の特徴 】

 ▼ モチベーションのありか

 なんといっても、タイトル通りキングダム=王国が無い。
 キングダムの方では、PCたちは王国を率いており、(数十人規模とはいえ)国民たちの期待と命を一身に背負った存在。トラブルが起きたらPCたちが解決しないとたぶんみんな死ぬというスゴい状況なので、モチベーションには事欠かず、素敵にシナリオ導入の楽な世界設定なのですが。
 それ無しで、恐ろしい迷宮に挑む迷宮屋であり続けるモチベーションって? と思っていましたら、

 お金。

 ……わかりよい!!
 それも、ただ単に迷宮屋はお金がもうかる、というだけで終わらせるのではなく、世界設定とキャラ表現とデータ面のかっちり合わさったルールとして設定がなされます。
 迷宮屋として得られる報酬は、一般人の生活レベルとは一線を画した額で、特殊な通貨単位「MC」で支給されます。そんなものを、なぜ稼ぎ「続ける」のか。その理由は、PC作成時に設定を行います。

 不治といわれている難病の治療法の研究を行いたい。
 遠い国で行われている戦争を止めたい。
 故郷の熱帯雨林の伐採を止めたい。

 そうした、ふつう個人の財力では絶対に叶わないような目的に、迷宮屋として戦うことでならば取り組むことが出来る!
 経済力だいじ!!
 確かに、現代モノならではですよね。

 目的は「戦争調停」「難病治療」「迷宮破壊」「地域発展」「世界革命」「環境保全」に大別されており、「散財傾向」というパラメータとしてどれであるかを設定します。何にお金を注ぎ込んでるPCなのか、ということですね。
 で、各散財傾向ごとに、シナリオクリア後に使う表が用意されています。「消費するMC+1D6」の数値の所を参照すると、その目的のためにお金を注ぎ込み行動したら、どんなことが起きたか、どんな風に目的に近づけたかの描写とともに、能力が伸びたり、凄くいいアイテムが手に入ったり、経験点が追加で手に入ったりといった、ゲーム的な効果が書かれています。レベルアップの補助のようなもの(で、レベルアップの方は毎回出来るとは限らないので)、成長の大切な要素。だから、ゲーム的・データ的にも、MCを消費し続ける=稼ぎ続けるモチベーションが途絶えることはなく、また、TRPGでもコンシューマゲームでも良くある、途中からはお金が余っちゃってもう稼ぐ意味が……というのも起こりづらい感じになっています。

 そんなわけで、一蓮托生な王国のランドメイカーズとは違い、それぞれにバラバラな目的を持つ個人が、その目的のため、「仕事として」自分の意思で現場にやってくる、というのが「デイズ」の風景みたいです。

 ▼ 人間関係

 その分、個人と個人の関係を表現する部分が細やかになっています。キングダムの方だと、人間関係は、ルール側から提示される範囲では「憎悪」とか「友情」とか、せいぜいそのへんが上昇した「親友」とか「恋人」とかなのですが、デイズでは「因縁」というものがあり、もう少し細かい設定が与えられます。
 で、もちろん表を振って決めます。
 例えば8を振ると「対象はあなたの親族を殺した」とか言われます。整合性が取れるように頑張ってGMや仲間と相談してください。
 …シノビガミで、ハンドアウトの「秘密」を見て、「俺こんな設定なの!?」と仰天するの好きな人、とってもお勧めです。

 ▼ コンパクト。

 迷宮内での行動などがシンプルで、また、一冊の中に非常に読みやすくルールがまとめられているので(まよきんも充分読みやすいのですが、更に)、それからPCがいろんな意味で「個人」なので、他の現代モノをやっているプレイヤーさんたちをまよきん系に引っ張り込むのにも使いやすいのではないかと思います。


【 現代モノの中での特色 】

 ▼ 迷宮化現象の怖さの魅力

 まずは何と言っても「迷宮化」!
 キングダムのプレイヤーの方にはお馴染みのあれなのですが、やっぱりあの怖さが魅力的すぎる!

 廊下や部屋などの空間が曲がりくねり、伸び、縮み、規則性を失い、入り組んで……という、文字通り「迷宮になる」だけではない。「迷宮化」は空間だけではなく、あらゆるものを歪め、異形化し、理解しがたい悪意に満ちた何かに変えていってしまいます。それは物体、時間にも、果ては物理法則そのものにも、人間をふくめた生き物の、肉体、精神、記憶や思いにも影響します。その歪み方の不気味さたるや。「はてしない物語」の、虚無に迫られたエルフェンバイン塔の庭園とか、あのへんの感じです。デイズ、キングダムとも、ルールブックのイラストでの表現がまた凄い! シンプルな描線で、単にグロテスクというのではない、何とも言えない不安を煽るぐるぐるにょろにょろ。あれにゾクゾク来た方は、ぜひぜひ遊びに行ってみてください。

 ▼ お金

 現代モノらしい特徴では、先述の経済力の部分、「MC」が。
 ゲーム内通貨って、装備を整えたりするのにも使うぶん、「個人の得る・持つ・使うお金のレベル」を離れて考えるのが難しい気がするので、こんなことが可能な額なのよ! と例示する意味でも、「散財傾向」はいい設定だなあと思います。

 ▼ 社会の目、PCの立ち位置

 それから、迷宮化現象は社会にばっちり認知されています。
 ペルソナの影時間などと違い、迷宮化は真昼間から起こりますし、誰にでも見えます。1999年以降起こり続けているということで、世間の人々はある程度その存在に慣れてきているみたいです。迷宮化に対する人々の感覚は「火事に対する恐怖や危機感とほぼ同様」という描写があります。
 例えば製作元さんのご近所ならば、隣の駅前のクイーンズ伊○丹、迷宮化したらしいわよ、あらやだ怖いわねえ、とか、そんな感じ。
 迷宮化の現場には警察がやってきてキープアウトを行い、報道陣が集まり、野次馬ががやがやする光景があります。世界全土で起こり続ける迷宮災厄に対し、各国政府がそれぞれに対策を練り、お金と軍隊が動いています。

 皆の知らない、日常の陰の部分で、運命に導かれ、人知れず孤独に戦う悲劇のヒーロー! …もいいけど、そのパターン今ちょっと食傷気味かも。あるいは、ちょっとテレくさくて苦手かも。というPLさんがいる環境にもお勧めだと思います。


 ドライで、身近で、皮肉な世界で。
 実利的な仕事屋でありながら、世間の人から見れば夢のような理想を本気で追っている連中が。
 ぎゃーぎゃー言いながら、すっ転んだりおなか痛くなったりしながら、
 洋服に剣だのノートパソコンだのSMGだの抱えた格好で、
 異形と化したコンビニや学校や病院なんかを駆け回る。
 そんな風景が繰り広げられる世界です。


================

 以上、多分に主観的なご紹介でございました。おすすめです!

 実際のプレイでは、プレイヤー側が大ミス。
 まよきんの感覚でビビリすぎ、
 火力最重視でいったら手加減の手段が一切無く、
 全てを殺戮、破壊して帰ってまいってしまい まし た
 …現代モノで、近所が迷宮化するので、シナリオ的に、知り合いが巻き込まれることが充分にありえます!
 手加減(=白兵攻撃)の手段は用意してゆくのがお勧め…です……!!
 (見た限り、キングダムと違い、武器でないアイテムで殴るルールがありません)

 でも面白かったです
 例の因縁表の結果で、瞳子お姉さんのPCとありろくんのPCが孫娘とおじいちゃんという設定になり、じじ・まご揃って兵器を構える場面とかすごいもえました。ダブル傭兵。
02:49 システム感想 comments(2) trackbacks(0)
comment
楽しんでもらえたようでなによりっ!!!!!
GMはすこぶる楽しかったのですが、プレイヤーも楽しかったのかな?と不安になるのがいつものことで、でも楽しんでもらったようでほっとしました〜♪
このキャンペーンをやるのは2度目です、普段そういう機会はあまりないのでかなりドキドキでしたが、迷宮の攻略の仕方、パーティの構成などなど、当たり前ですが雰囲気がまるで違うのには改めて驚き。
こちらのキャンペーンも楽しくなりそうで、もちょっと雰囲気出しやら、NPCのロールやらに頑張ろうっ!と思った次第。

それと
紹介文を読んで、新しく迷宮デイズの魅力に気付いたりしたっ!

次回のセッションも楽しみにしているぜっ!

From. MPK at.2010/08/01 21:40
ういー! お兄さんこんばんはです、ありがとうございました!

楽しかったです!
またも洗脳完了です(笑)も〜〜!

お兄さんのダンジョン描写の怖さは、
やっぱり映画の引き出しの多さからも来ているんでしょうかのう。
昔々ブルーフォレストをやって頂いたときのからして、
泥に沈む神殿の内部のかび臭い空気、どこかで滴る濁った水の音、
あの情景が今でも忘れられないままです。

こちらこそ次回をびびりつつ楽しみにしておりますですよーー!
From. 遥 唯祈 at.2010/08/06 01:13









trackback
http://card.zero-the.fool.jp/trackback/1380433
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORY
NEW ENTRY
LINKS
COMMENT
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (05/27)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    かじゃ (11/25)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (06/05)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    がみじ (06/01)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/15)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (03/13)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    輪廻 (03/12)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    風和 (06/08)
  • 【シナリオ配布】マギカロギア「ソロモン・グランディの永遠の一週間」
    遥 唯祈 (06/07)
TRACKBACK
ARCHIVE
PROFILE
MOBILE
qrcode